IforC

「高松くんがなにをやっているのかわからない。」「どうやって協力をしたらいいかわからない。」最近すごく言われることであり、思われていることです。これは危険だと思い、今日は自分のことについてフルオープンに書いてみることにしました。 

ワクワクを繋げたい。


根本的な話になりますが、ぼくは仕事も遊びもワクワクしないと乗れないんです。図書館でひきこもり生活をしていた去年、まずそこに気が付きました。

自分がワクワクしてる時って自分の強みを最大限発揮できてる時なんだと、人生振り返ってピンときました。少年野球、部活、バイト、仕事、遊び、振り返ってみたらどれもそうでした。

でもこれってみんな一緒なんじゃないかと勝手に思っていて、人間ワクワクしてる方がパワーって出るんじゃないかと考え始めました。仕事も遊びもなんだって。

しかもワクワクしないで生きてる人ってなんか暗い感じに見えると思います。自分でも気づかずネガティブな言葉を淡々と並べますしね。僕がそうだった。。

中にはワクワクを装えちゃう人、無感情を演じられるという稀な人もいますが(笑)

そもそもワクワクしてないように見える大人を、子供たちはどう思うんだろう?とふと考えたら、

・大人になるの嫌だなぁ
・大人ってつまらなそう
・将来が不安で仕方ないわ

とか、考えるんじゃないかなと。そこにプラス要素はないだろうと思います。

やっぱり伸び伸びワクワク、仕事も遊びも全力で楽しんでる大人って、ぼくはすごく素敵だと思うし、子どももそれは同じだと思います。

僕の知り合いでそんな素敵な方は多くいます。近いうちにその方に取材します。

そういう方からはプラスの影響、刺激ばかり受けられると思うんです。そんな大人が少しでも増えたらそれはそれでいい世の中なのかなぁと。

で、ここからまた妄想ワールドに突入するわけです。

(そうか。じゃあそんな世の中に近づけるためには何をすればいいんだ?)
(わかった。ワクワクを繋げることを仕事にすればいいんだ。)
(ワクワクをみんなに与えられる仕事をすればいいんだ。)
(でも今の自分にはなにもないぞ。じゃあ1個づつ作ってこ!)

って、本当にびっくりするくらいシンプルに思いつきました。リスクを負いたくない人からすればただの変人、バカだと思います。だってここから、「独立しかないじゃん!!」と決断したわけですから。

独立するとか事業を起こすとか、お金の稼ぎ方とか、そんな事の前に、まずは自分をしっかり持ち、を持たなくてはいけないこと。人としてどう在るべきなのかも考えました。

今までの自分、人生を振り返ったら、なんとなくを繰り返して、テキトー楽な方向に逃げてたんじゃないか?と分かり、

そんなこんなでまた色々模索して分かったことは、答えはいつでも自分の中にあるということ。

だからまず、I(自分)、愛 (LOVE)が基盤だと考えて、アイフォーシーという屋号を取ることになりました。

フォーシーに関しては長くなるのでホームページなどで見てください。(笑)

IforC ホームページ
http://www.ifor-c.com

まず、今の現状を知ろうと、情報のシャワーを浴びているうちに、今の世の中はなにが本当なのかわからないほど情報が溢れかえってることがわかりました。

(こりゃあ、誰といるか、誰からの情報を信用するか、どこからの情報を信用するかが大事になってくるな。あとは整理して考えて自分の選択のみ!いちいち振り回されるわけにはいかないな。)

情報が溢れかえる時代。これからは情報の選択が問われる時代
だと思います。

信用できる人から聞くのもよし。自分がこの人だ!!と決めた人の情報をネットでトレースするのもよし。読みやすいニュースメディアを選んで読む習慣をつけるもよし。コメントする習慣をつけるもよし。

毎日ニュースを読めば読むほど、考えれば考えるほど、いろんな仕組みがすこーしずつ本当にすこーしずつ変わっていってるのがわかります。

少しづつ個人、家計の負担は大きくなっていたり、控除額は減っていたり、受給額は減っていたり、目減りしていたり。

寿命も伸びてきますし、僕の生きる30年後、40年後は、もう今までの基準では考えられない仕組みになっていると思います。

ここからは自分一人でも生きていけるスキル、術を身につけ、柱を2つ3つ用意しておくのは当たり前の時代になるんだと感じてます。つまりは、副業ならぬ複業の時代。

自分で舵をきっていかなくてはいけない時代になったということ。それはまるでワンピース。

そんなことをFPの勉強と同時進行で去年、図書館で引きこもりながら考えて、じゃあ自分の柱はどこだろう?と、今までの自分のストーリーを振り返りながら深い深い徹底的な自己分析を開始しました。

そこでノートを7冊潰して書きまくって出てきた答えが、これから書くことです。前置きがとんでもなく長くなりました。

野球

野球

・野球が好きだから野球を盛り上げたい。
・家族もそうですが、自分を育ててくれた野球に想いがある。
・草野球、野球観戦だけでなく、いろんな角度から野球を楽しめる場を増やしたい。
・プロ野球選手のセカンドキャリアに数ミリでもいいから役に立ちたい。
・野球を通した人間教育がしたい。

野球ブログ→ 野球オタクの千葉ロッテ応援ブログ

まずはブログをやろうと、野球ブログを書き始めたり、野球をエンタメの視点、違う角度から盛り上げられないかと、野球イベントをやってみたり。野球×音楽のイベントはアーティストの田中龍志くんと飲んだ去年12月から生まれました。

イベント一つやるということがどれだけ大変か思い知らされ、心が折れかけたこともたくさんありました。もちろん今でもあります。

アイディアを考えたり、口にするだけじゃなくて、実行力って大事だなと本当に思います。やってみて分かること、知ることばかりです。

というわけで今後定期的に野球イベントはやっていきます。元プロ野球選手もゲストに呼んでみたりサプライズも考えながら。

これから僕が作りたいのはシナプスみたいな会員制野球ファンコミュニティーサロン。野球が好きな会員さんが楽しめるコンテンツをどしどし企画していきます。だから仲間が必要です。興味ある方連絡お願いします。

ここから僕が作りたい野球スクールへと繋げます。ここの話は一番長くなるので、会って頂ける方がいるのであればその時に永遠しゃべります。

野球イベント1
野球イベント2

11月にやるイベントは、エンタメ系ではなくどちらかというと教育系。スポーツ指導者、教育関係に勤める方、プロフェッショナルのマインドを吸収したいビジネスマン、スポーツイベントに興味ある方にとても響くイベントだと思います。

ゴルフ

ゴルフ

・ゴルフを通じて知り合った方々と繋がっていたい。
・ゴルフはビジネスにも生きる。
・交流が生まれやすい。

ゴルフのプレーはまだまだうまくないですが、今までの経験と、知識、繋がりという資産を生かしてビジネスとして今も継続してやってます。

ゴルフの会社は辞めましたけど、今までいろんなことを先輩や上司、同期に教えて頂いたり、ゴルフを通じて知り合った方々からもお客様としてだけでなく、プライベートでもお世話になっていたり、本当にゴルフから学んだこと、吸収できたことは多いです。

ありがたいことに、今では僕の大きな収益源の一つになっています。

取材

取材

・人の話を聞くのが好き。書くのも好き。
・普段からみんなのストーリーが違いすぎて面白いと思ってた。
・人の話を聞けばいろんな生き方、捉え方があって発見の連続。
・自分の表現力を高めたい。
・人の良さ、強みを引き出したい。
・人の自信を育てたい。
・何かのきっかけになりたい。
・自己ブランディングやお店や会社の宣伝に役立ちたい。

そんな想いからやってみようと思った去年の11月。一番最初のインタビューはまさかの母親。

(2015年11月7日執筆)
母親を取材してみた-「輝き続けるピアノの先生」

今後も本質的に価値のあるメディアを作っていきます。

資産形成セミナー

これはそこまで大きく人に話してないですが、実は去年の11月くらいから参加して手伝ってます。

・FP2級を取得して、お金に関して自分が無知だと知る。
・ぼんやりしたものではなく、将来を真剣に考えられる学びになるセミナー。
・人の為になる話だから大切な人を呼べる。
・セミナーに関わってる方々はそれぞれの専門性をもったプロフェッショナル。

とにかく吸収できることが多いセミナーです。

将来のお金のことを真剣に考える機会というのは本当に貴重ですし、考えてるようで考えてない(ちょっと逃げてる)という若い人が特に多いと思います。

昔と違って、は終身雇用がなく、大企業でさえも吸収されたり倒産したり、情報社会すぎて不正が明るみに出やすくなったり、大手企業が副業を認め始めたり、昔に作られた年金制度がもはや追いつかなくなっていったり。

気づいたら色々変わってて、準備してないよどうしよう。。。ということにならないように日頃から情報は取らなくてはいけません。

自分のこれからを準備する上で必要な情報がたくさん詰まっているので、ぜひ一度聞いてほしいセミナーです。


知りに行く、学びに行く、やる。

他にも健康について考える機会を頂いたり、SNSの活用法やネットビジネスについて学ぶ機会を頂いたり、とにかくいろんなことを経験させて頂いてます。

有限な時間のなかで、自分一人では限界があることも知りました。仲間が必要だということも知りました。

これから先、また変化・改善を繰り返しながら前に進んでいこうと思います。

知った気にならず知りに行き、学んだ気にならず学びに行き、言い訳並べる前にやる!やってみる。

ここはずっとブレません。自分の伸びしろを自分が一番信じています。


ここまで長い文章を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

フルオープンにした僕のことを少しでも知って頂けたら嬉しいです。


IforCホームページ

http://www.ifor-c.com

今日もつぶやいてます。