世界は広い

独立をしてから今まで、有り難いことに多くのお誘いを頂いて、色んなコミュニティに参加する機会が増えました。行った先にはそれぞれの良さがあり、違いがあり、固定観念が日々覆されています。


違いを知る、受け入れる大切さ


いろんな場所、コミュニティへ行って感じるのは、どの場所へ行っても学べるものはあるということです

それぞれ話してる内容や雰囲気、年齢層は違っても、一つのことに集中し、強い想いを持って動いてる人たちのエネルギーはとてつもなく大きく、強い刺激を受けます。本当にあったかい人たちが多いです。

僕は、独立してから「世界は広い」ということを知りました。

いろんなビジネスがあって、いろんな人がいて、メディアには出てこないすごい人たちがいて、いろんな世界観があって、いろんな文化があって、いろんな風習があって....

今までの狭いコミュ二ティで培われてきた僕の世界観・固定観念では、到底理解できないような事の連続でした。

己の固定観念の小ささ、物差しの小ささを痛感する毎日です。

でも一つだけ自信を持って言えることは、少しづつ、本当に少しづつ自分の世界観を広げられているということです。人の意見、信念、想い、世界観、文化....いろんな違いを受け入れることができるようになってきました。

違い

独立をして、自分の小ささ、世界の広さを知りましたが、これからもまだまだそれを痛感する日々が続くと思います。

知りにいく、学びにいくという姿勢は、子供でも大人でもいつになっても重要なことで、この行動の連続で自分へ取り入れるべきものが見えてくるはずです。僕はそれをこの1年半で痛感しています。

これからも、知らないことを恐れず知りに行き、大きな世界観を持った人間になれるよう、いろんな場所でいろんな人に会って、いろんな違いを知って、学んでいきたいと思います。






ブツブツつぶやいています