HIRO_P6270013_TP_V
 昨年は母親含めて5人の方の取材記事をこのブログ上で表現させて頂きました。その5人の方々に「このブログで最初に取材を受けたんです私!」と自慢してもらえるくらいのブログメディアにしたいと思ってます。いえ、します。

去年の11月から始めたこのブログですが、本当にやってみて良かったと実感しています。

僕は昔から自分に自信が持てなくて、人前で発言するのが苦手で、人から言われたことをそのまま受け取る超受動的人間でした。

自分の頭で考える習慣がないというより考えることから逃げきたんです。

はっきり言ってなんとなく生きてきた人生でした。

これを認めるまでには相当時間がかかりました。

でも去年の3月に「このままじゃいけないんじゃないか?」と自問自答生活が始まって、何もない自分に小さくてもいいから毎日「1」を足していこうと、

資格(FPとメンタルヘルス)の勉強をしたり毎日の株価やニュースで世の中の動きを読もうとしたり。

有識者の人たちや斬新なアイディアで世の中の流れを作ってるような人たちのネットメディアや本を読み漁ったり。

僕のことを応援してくれる人たちから本当に有難い言葉やアドバイスを頂けたり。

時には泣きながら今までの自分を振り返って自己分析したり(笑)そのおかげで自分の弱みと強みを発見できて、どうゆう環境で自分は自分の強みを発揮しやすいかというのも分かりました。

とにかく必死で今までの自分から少しでも変化したいと思って無我夢中で走った2015年でした。

ameman_huyunoasa_TP_V

その毎日小さな「1」を足していく作業は今年も変わらないんですが、2016年はかなりオープンに人に見せれる形を残していこうと思っています。

そして僕の残したもので誰かが少しでも自信が持てたり、自分の人生のちょっとした振り返りが出来たり、

自分の頭の中が整理出来たり、エネルギーが補充出来たり、

とにかく少しでもハッピーな気持ちになってくれたら僕はもう最高に嬉しいです。
この嬉しいという感情も新たな発見でした。

僕の残した物とさっき言いましたが、このブログで僕が表現するのはみんなそれぞれが持ってる特別で世界で一つしか存在しえない、その人が残してきたストーリーです。

このブログメディアで、そのストーリーの中にある「想い」を形に残すお手伝いが少しでもできればいいなと思ってます。

PPS_hirobanooyako_TP_V

今年も素敵な方々との出会いが楽しみで仕方ありません。人が繋がっていく感覚が最高に嬉しくて奇跡だということに気付けた2015年でもあったので、

2016年はその気づきを存分に発揮する年にします。

フリーライター高松隆太の決意表明でした。