チラシ
野球や音楽への熱い想いを持った方々が結集したライブイベントを3月19日に下北沢で行います。出演者の熱い想いが伝わるはずです。

野球ブログでも紹介させて頂いたんですが、どうしてもこのブログでも紹介したかったので書かせて頂いています。

【告知】野球×音楽の融合イベント-高校野球ファン必見!!
(↑参考リンク)

今回のイベントは、ベースボールシンガー田中龍志くんと、ぼく(野球オタク)のコラボレーション企画で、まさに野球×音楽の新感覚エンターテイメントです。


タイトルは、 
「熱闘甲子園トリビュートSpecial LIVE Vo.1

高校野球の名場面の映像と生ライブで青春の1ページをフラッシュバック!歴代熱闘甲子園の主題歌カバーを始め、田中龍志オリジナルの仮想・熱闘甲子園ソングも 披露します。

ライブ中には、GG佐藤さんのトークコーナーもあるので、涙あり、笑いありのエンターテイメントの要素がたくさん詰め込まれたイベントとなっています。


〜開催日時〜
2016年3月19日 
18:00 OPEN/18:30 START
会場は、下北沢「 Com.Cafe 音倉 さんです。



このイベントは、ベースボールシンガー田中龍志くんと野球が大好きなぼくの、野球に対する熱い想いが込められたイベントなんです。

この企画のそもそもの目的についても野球ブログ同様にまとめてみました。


その① 野球に対するネガティブイメージの払拭


薬物問題、野球賭博問題、権力争いなど最近の野球界で度々話題になるニュースは、悲しいことにネガティブイメージが大きいものばかりです。

もちろんこれは真剣に向き合っていくべき問題であり、みんなで解決していくべき問題ではありますが、ぼくらにできることはまず、そんなイメージを少しでも払拭することだと考えています。

「野球界なんか暗い話題多くない?じゃあ野球をもっと盛り上げよう!」というモチベーションから今回この企画が生まれました。


その② 野球ファン同士の交流の場


野球ファンが多く集まることが予想される当イベントでは、積極的な野球ファン同士の交流の場にもなると考えています。

男女問わず、みんなで料理やドリンクを楽しみながら、アーティストやバンドメンバーの生音を聴いて、人生の原点を思い出して一人でも多くの人との交流を楽しんで頂けたらいいなと思ってます。


その③ 野球が盛り上げってる雰囲気をつくる


そもそもです。少子高齢化で野球人口は減っていくと言われていて、今後もパイは減るとぼくは考えています。情報オープン時代なので、他のスポーツの魅力を知る人も出てくるからです。

で、これを野球人がいくらネガティブに議論しても何にも始まらないと思うんです。

「野球人口減るよね」→「そうだね減るね」
「野球人気無くなったよね」→「そうだね!今はあっちのスポーツの方が...」などの議論に意味はなし。

・野球の価値を上げる。
・野球の魅力をもっと広める。

これこそが野球ファンに今できることだと思います。

価値を上げるなんてことはカッコつけにしか聞こえないと思うので、野球が盛り上がってる雰囲気を少しでも作ることに注力したイベントとなります。大事なのは雰囲気です。


その④ 本質はいつだってシンプルだ!というメッセージ


野球に限らず、いろいろな細かい情報、必要のない情報まで世の中多く出回ってますが、本質はいつだってシンプルだとぼくは思ってます。

人生を難しく考えすぎて本質から大きくズレたところで悩んでいたり、本質から大きくズレたところで彼氏・彼女と喧嘩したり、

仕事の本質を見失って部下に乱暴な態度をとったり、上司や友達の悪口・陰口を言ったり、

FacebookやTwitter、インスタなどで他者との比較から劣等感を抱き、心が疲弊していったり。


このイベントを通して、「うわ、、こんなところで悩んでたんだ!自分。。」って気付かせることができるような、少しでも悩みを和らげることができるようなイベントになれば最高だと考えています。


先日行ったリハーサルで、田中龍志くんの歌声や、バンドメンバーの方々の素晴らしい演奏を聴かせて頂いて、最高のイベントになることを確信しています。

IMG_7448
先日行われたリハーサルの様子


ベースボールシンガー田中龍志くん、出演アーティストのみなさん、バンドメンバーの方々、GG佐藤さん、コムカフェさん、主催者が一体となってみんなで一緒にイベントを盛り上げていきたいと思います。 


野球ファンの方、野球に少しでも興味のある方、高校野球好きな方、ぜひ楽しい時間を共有しましょう!!

※3.19チケット予約は 
baseballsinger917@gmail.com
までお願いします。 


引き続き「想い」を取材させて頂いたインタビュー記事を発信していきます。