名言格言

偉人の名言・格言を紹介するシリーズpart2です。モチベーション、気持ちを上げてくれる言葉たちをピックアップして紹介します。

ぼくは野球をずっとやってきたんですが、「尊敬する野球選手は?」と聞かれていつも答えるのは、イチローと王さんです。

その2人の名言から、最近日本へ来日したホセ・ムヒカさんの言葉までズラッと紹介していきます。

打てない時期にこそ、


勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。

勇気を持ってバットから離れないと、

もっと怖くなるときがあります。

そういう時期にどうやって気分転換をするかは、

すごく大事なことです。

 

- イチロー -

人に勝つという価値観では


野球をやっていない。

 

- イチロー -

カネほしさに野球をやる人は、


決して本物にはなれないでしょう。

 

- 王貞治 -

努力は必ず報われる。


もし報われない努力があるのならば、

それはまだ努力と呼べない。

 

- 王貞治 -

学問とは、


人間はいかに生きていくべきかを

学ぶものだ。 

 

- 吉田松陰 -

人と比較をして劣っているといっても、


決して恥ずることではない。

けれども、

去年の自分と今年の自分とを比較して、

もしも今年が劣っているとしたら、

それこそ恥ずべきことである。

 

- 松下幸之助 -

次の6つの心得を守れば、


礼儀正しさの習慣を身につけることができる。

1.相手の話には熱心に耳を傾ける。

2.相手の話に口をはさまない。

3.初対面の人の名前はすぐ覚えて、

 できるだけ使う。

4.もし相手の言い分が間違っていても、

 そっけなくやりこめるのはよくない。

5.自分のほうが偉いといった態度を見せない。

6.自分の考えが間違っていれば、

 素直にあやまる。

 

- デール・カーネギー -

過去の歴史に自分のルーツを見つけ出す必要がある。

かつての日本人は、すごく強かったんじゃないかな。多くの障害を乗り越える強さを持っていた。

それがあなたたち(日本人)なんだよ。

- ホセ・ムヒカ -

前回に続いて、 ぼくがハマった言葉たちばかりを紹介しました。

みなさんもどれか一つくらいは、ハマった言葉があるはずです。

生きていく上で、信じれる言葉ってすごく大事だと思います。言葉の力は偉大です。

何もしてないのに、状況は全く変わってないのに、本に書いてある文字やネット上の文字を読んだだけでモチベーションが上がったり、気分が晴れやかになったりするんですから

読書


本当に、言葉の力ってすごいと思います。


言葉を大事にできる人は、人にも優しくできる人なんじゃないかと最近感じてます。


名言・格言紹介シリーズpart2でした。




癒しツアー
(↑参考リンク)