「アップデート」というワードを聞くと、パソコンやスマホなどを頭に浮かべる人が多いと思いますが、人間にもアップデートが重要だと感じ始めました。

テクノロジーが進化して、日々新しいものが生まれる今の時代。

10年前と比較しても、新しいものが生まれるスピードがどんどん速くなってるように感じます。

10年前の常識と今の常識が全く違うことはザラにあります。

 テレビの音楽番組でアーティストの新曲を初めて聴いて、「CD借りに行こう!」という意識が当たり前のように生まれ、

パソコンなどを経由して、MDとかiPodに曲を入れていた時代があったと思います。

しかし今は音楽番組が少なくなり、SNSや音楽アプリなどから新たな情報をチェックして、音源を買うとか借りるという意識に移る人が多いと思います。
 
例えば、こういうキュレーションアプリは本当に時代の変化を痛感します。 
無料エンタメ音楽動画アプリ-KOLA(コーラ)

今書いたことで起こってることは、スマートフォン革命の一つに含まれると思います。

スマホ

スマホ出現により、つながることが簡単になったことがすべてだと思います。

人とも情報とも、いつでも簡単につながります。

ナビも正確になり、スマホがあればほぼ車の運転も迷わなくなり、必ずしも車にナビをつけなくてもよくなったり。

入金もスマホからできるようになり、わざわざ銀行やATMへ行かなくてもよくなったり。

カメラの画質も綺麗になっていって、ある程度のデジタルカメラの必要性が減ったり。


時代は気付いた時には劇的に変わってるので、イコール常識は日々塗り替えられてるということなんだと思います。

だからぼくは思います。

「知った気にならず、そこで止まっちゃいけない。」と。

その常識は明日が来ればまた変わっていきます。

その日に知ったら、アウトプットするなり、さらに深めるために、聞きに行く、知りに行く。学びに行く。

本を読んだり、いろんな遊びを経験するための自己投資をしたり、

積極的にいろんな場所に顔を出して、違うジャンルの人と話すだけでも人間はアップデートができると思います。


ぼくの知り合いの方は本当によく遊んでます。

それはただ遊んでるわけじゃなくて、自己投資の意味も含んでいてとっても有意義に時間を使ってるんです。

新たな遊びは、自分自身の世界観を広げたり、新しいことを知りに行く行動だとも受け取れます。

時に自分の生活パターン、いつもの癖に気づいて、意識的にそれを変えてみる遊び心が、パターンから外れてみるトレーニング方法だと思います。

ぼくは、同じ集団の中で行動しすぎないことは日頃から意識しています。

いっくら居心地が良くても、ずっと同じメンバーで会うことは、群れることにつながるので、時に敬遠します。

・たまには違うルートから目的地にむかってみること。

・利き手と逆の手でお酒を飲んでみること。

・使う言葉を変えてみること。


これらのことは、日常生活でいつでも誰でもできるので、毎日が筋トレの連続になります。


「無意識の意識化」という、なんとも怪しいテーマを掲げて最近生きています。
 

それは、自ずと気付く力変える力につながると信じてます。


知った気になる=思考停止を示します。


相手の話を常に新しい情報だと、真摯に耳を傾ける姿勢がものすごく大事だと思います。

最近また思うのは、言葉が達者ではない人が、意外とすっごく大事なことや、とんでもない情報を持ってたりするということです。

誰もバカにしちゃいけません。

自信を持つのは大事ですが、やはりまだ先があるから勉強中という思考姿勢は大事だと思います。


だから、人間、学び続けることが大事なんだと思います。


大人になればなるほど、頭は硬くなり、学ぶことをやめてしまう方が多いと感じます。自己投資をしない人も増えます。


「あーそれね。知ってる!〜でしょ!」
「それ人から聞いたけど、〜でしょ?」


こういうニュアンスで喋る大人の常識は、時代遅れになってる可能性はかなり高いです。

常識は、あくまで相手の思考で起こってるだけの世界観です。

相手がそう言ってるからそうなんだ!という決めつけはいけません。


決して世の中に正解なんてのはなくて、数ある選択肢から自分の頭で考えて選択したものがその時の答えだと思います。


その時、その瞬間のベストな選択をとるためにも、いろんな人と話したり、自ら情報を取りに行ったりなどのアップデートが重要だと日々感じています。



機械だけのアップデートではなくて、人間も日頃からアップデートして、進化していきましょう。


人間の能力はすごいと思います。